カユマニスストーリー
kayumanis.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
エクストラヴァガントディナー at ヌサドゥアビーチ
今回はカユマニスヌサドゥアのプライベートビーチでの
贅沢なロマンティックディナーをご紹介いたします。

波音と潮風を感じながら二人だけの
プライベートなお時間をお楽しみいただける、
シーフードをふんだんに使った7コースのお食事と
スパークリングワインのスペシャルディナーです。
お席から少し離れたところでは地元の演奏家が
インドネシア伝統の竹製木琴「リンディック」を軽やかに奏で
穏やかなバリ島の夜を演出します。

ご婚約、ハネムーン、ご結婚記念日、お誕生日、
お友達との思い出作りなど
特別な夜をお祝いするのにふさわしい
最高にロマンティックなディナーです。
また、大切な人へのサプライズプレゼントとしても
喜んでいただけるかと思います。

お食事には専任のシェフとウェイターがつき、
絶妙なタイミングで
出来立てのお料理をお召し上がりいただけます。

雨天の場合はピアサンレストランのテラス席や
ラウンジなどを貸切にし白を基調にした
スペシャルフラワーデコレーションでご案内いたします。

d0240805_174501.jpg













カユマニスブログをご覧頂き誠に有難うございます。
カユマニス、ザガンサに関する質問などがございましたら
お気軽にご連絡下さい。
フェイスブックにも随時新しい写真を更新しております。

メールアドレス:
info@kayumanis.com

ホームページ:
www.kayumanis.com
www.thegangsa.com

フェイスブック:
http://www.facebook.com/kayumanisresorts
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-28 17:48 | 一般
フィッシング体験ツアーご紹介
昔から漁業で栄えてきたといわれるジンバラン。
漁港にある市場には毎朝新鮮なお魚などが陸揚げされ、
ウブド地区の高級ホテルや某日本食レストランも
食材はこちらで買い付けされるといいます。

その土地柄を生かしてカユマニスジンバランより
釣りのアクティビティをご紹介致します。

朝陽のお時間 6時出発
夕陽のお時間 15時出発
上記より選択、いずれも所要4時間

座席が縦に5席のみ
ジュグンというバリの小さな船に
地元の漁師とアシスタント、
カユマニススタッフがご一緒致します。

小さな船ではありますが
船体と平行に両端に、
波を抑えるように棒がついていますので
さほど揺れも激しくありません。
(その時の波の状況、お客様の体質によります)

大きな青い海と空は開放感に溢れ
運がよければイルカさんにお目にかかれることも、
稀にあります。

軽食・ドリンク休憩を挟みながら
その日の波や状況により場所を変えます。
沖から見渡すジンバランのビーチ、ウルワツ、
カユマニスジンバランが一部を保有するバランガンビーチは
雑誌や普段なら見ることはできない、貴重な景観です。

クッキングアシスタンス(別途有料)にて
釣ったお魚を調理し、ランチやディナーとしても
召し上がり頂けます。
ご自身で釣ったお魚は一段と味わい深いですし
何より他にはない、最高の思い出となることでしょう。

お一人様 USD60(21% 税・サービス料別途加算)にて
空き状況により、ご宿泊以外のお客様にもご利用いただけます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
(最小催行人数 2名様、お値段は2011年7月現在)

是非一度、ジンバランで一味違った経験をされてみませんか。

d0240805_1155541.jpg












カユマニスブログをご覧頂き誠に有難うございます。
カユマニス、ザガンサに関する質問などがございましたら
お気軽にご連絡下さい。
フェイスブックにも随時新しい写真を更新しております。

メールアドレス:
info@kayumanis.com

ホームページ:
www.kayumanis.com
www.thegangsa.com

フェイスブック:
http://www.facebook.com/kayumanisresorts
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-23 12:00 | 一般
バリヒンズー教
本日はほとんどのバリ人が信仰するバリヒンズー教につき
少しご紹介します。
バリ人は3つの神であるシヴァ(破壊神)、ブラフマ(創造神)、
ヴィシュヌ(維持神)の3大神を信仰しています。
この3つの神は最高の神、サン・ヒャン・ウィディが
具現化されたものだとされます。

各々の村には少なくとも3つのお寺があります。
プラプセーと呼ばれる村の発祥を祀る寺は
山の方を向かって建てられています。
プラデサと呼ばれる寺は村の中心地に建てられており、
村の繁栄を願って祈りが捧げられます。
プラダラムという寺は海と一直線上に建てられており、
死者の魂を祀っています。
お寺の他、ほとんどの家にも祭壇があります。

バリ人は家庭に幸福と健康をもたらしてもらうように、
毎日精霊たちにお供え物を捧げます。
食べ物、お花、タバコやお金が乗ったチャナンサリと呼ばれる
小さなトレーを祭壇、お寺、家の外や、お店、
危険な交差点にまで供えます。
バリにお出で頂くと、お祈りをするバリ人を頻繁に見かけることでしょう。
どうぞこの独特な光景を目撃しに、バリへお出で下さい。

d0240805_1610211.jpg


























カユマニスブログをご覧頂き誠に有難うございます。
カユマニス、ザガンサに関する質問などがございましたら
お気軽にご連絡下さい。
フェイスブックにも随時新しい写真を更新しております。

メールアドレス:
info@kayumanis.com

ホームページ:
www.kayumanis.com
www.thegangsa.com

フェイスブック:
http://www.facebook.com/kayumanisresorts
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-20 16:13 | 一般
ザガンサのご紹介
ガンサはカユマニスの中でも16歳以下のお子様にも
ご滞在いただけます。
ゆったりとしたサヌールの雰囲気の中、ご家族、カップル、
ご夫婦でのんびりとした
ガンサを満喫していただければ幸いです。

ガンサのエントランスはとても小さく、
サヌールの村にひっそりと佇んでおります。
しかし、一歩足を踏み入れると沢山の緑に溢れた
敷地が広がっています。
サヌールの村の中にありながら沢山の緑と、
ヴィラ内はお客様だけのプライベートスペースが
広がっております。

また、ガンサのビーチはお車で10分ほどの距離にございます。
ビーチでは朝日を見ながらご朝食をお楽しみいただける
「サンライズブレックファースト」や
サンデッキやパラソルのご用意もございますので、
ビーチでゆっくりお寛ぎいただけます。
ビーチには毎日ガンサのスタッフが夕方17時まで
常駐しておりますので、
お迎えのお車のご手配など、
ビーチスタッフがお手伝いさせていただきます。

ガンサのゴングレストランはバリのお料理をメインに
シェフのソンデルが腕を振るっております。
シェフのソンデルは日本で働いていたこともあり、
面白い日本語を話すので
日本人のお客様からはもちろん、
各国のお客様からも人気があります。
面白いだけではなく、お料理の腕も一級ですので、
是非一度ご堪能下さい。
お勧めのお料理はバリの宮廷料理、
「バリニーズリスタッフェル」でございます。
メインコースはバリの様々なお料理が少しずつ
一つのプレートに盛り付けられているので
色々な種類のお料理を1度にお楽しみいただけます。
前菜、スープ、メイン、デザートのコース料理となっております。

とっても笑顔が素敵でフレンドリーなバトラーたちが
温かくお客様をお迎えいたします。
家族のようにアットホームに滞在いただけるザガンサに
是非一度お越し下さいませ。


d0240805_1545172.jpg












カユマニスブログをご覧頂き誠に有難うございます。
カユマニス、ザガンサに関する質問などがございましたら
お気軽にご連絡下さい。
フェイスブックにも随時新しい写真を更新しております。

メールアドレス:
info@kayumanis.com

ホームページ:
www.kayumanis.com
www.thegangsa.com

フェイスブック:
http://www.facebook.com/kayumanisresorts
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-18 15:06 | ザガンサプライベートヴィラ
カユマニスヌサドゥアのご紹介
カユマニスヌサドゥアはバリ島南部の高級リゾート地として知られる
ヌサドゥアエリアにございます。
近隣には大型ホテルやショッピングセンター、美しいビーチ、
ウォータースポーツのメッカなどが点在していますが
一歩カユマニスの敷地に入ると立派な木々や花に囲まれ、
リスも訪れるとても静かな環境です。

お部屋から小道を8分ほど歩いていただくと
カユマニスのビーチがございます。
こちらでは、朝日を見ながらのご朝食、
コクーンソファーでの読書やお昼寝、
夕方のお散歩、日が暮れてからはロマンティックディナーなど
様々なアクティビティでビーチリゾートを満喫していただけます。
 
また、地元の食材とオーガニック野菜をふんだんに使った
2つのレストラン、イタリア料理のピアサンと、
タイ料理、インドネシア料理、
ウェスタンメニューのトゥタリングは
洗練された雰囲気の中で本格的なお食事が堪能できると
好評をいただいており、
わざわざ、お食事のためだけに足を運ばれるお客様や
バリ在住の外国人も多くいらっしゃいます。
レストランをご利用の方にはヌサドゥア、ジンバランエリアは
無料でお泊りのホテルまでの送迎をいたしておりますので
お気軽にお越しください。
ディナータイムの幻想的なライトアップはもちろんですが、
ご朝食やランチタイムもヌサドゥアとは思えない、
緑に囲まれた爽やかな雰囲気をお楽しみいただけます。

20棟あるヴィラには全てプライベートプールや
サンデッキがございます。
また、ご朝食やアフタヌーンティはレストランだけでなく、
お部屋でもお召し上がりいただけますので
1日中、ヴィラの中でゆったりとしたプライベートな
時間をお過ごしいただけます。
ヴィラライフを楽しむ旅慣れた方はもちろん、
バリ島やヴィラに滞在するのが初めてという方にも
安心して快適にご滞在いただけるかと思います。

d0240805_11295949.jpg












カユマニスブログをご覧頂き誠に有難うございます。
カユマニス、ザガンサに関するご質問などがございましたら
お気軽にご連絡下さい。
フェイスブックにも随時新しい写真を更新しております。

メールアドレス:
info@kayumanis.com

ホームページ:
www.kayumanis.com
www.thegangsa.com

フェイスブック:
http://www.facebook.com/kayumanisresorts
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-13 11:34 | 一般
カユマニスジンバランのご紹介
空港から南部へお車で20分の位置に
高いココナッツの木々やカユマニスの木、マンゴーの木が
生き生きと生活する広大な敷地を有しています。

19棟のヴィラは、1棟が500m2以上と広々とし
屋外バスタブやガゼボなど(お部屋により異なります)
自然と調和した生活を送るようにご滞在いただけます。

設備や無料送迎・無料ランドリーサービスは勿論、
カユマニス自慢の「人・スタッフ」 は思い出に華を添えます。

「前回ご滞在時にこの席に座ったのをスタッフが覚えていた」
「スパで使用されているアロマオイルが気に入ったと話したら、
後日外から買ってきてくれた」
「トマトが大好きだと話したところ、
レストランでのディナー時に添えてくれた」
(実際のお客様のお声です)

インドネシア料理を取り揃えるタピスレストランには
以前、リピーターのお客様が考案され、
その名がつきましたカクテルもございます。

不可能を可能に出来るのが、カユマニスジンバランです。

子供好きが多いので、
小さなお子様がいらしても お気軽にお越しくださいませ。
ハネムーンやお誕生日、記念日のサプライズも大歓迎です。

温かく柔らかなサービス・スタッフを誇るこの場所で
皆さまのお越しをお待ちしております。

d0240805_12474268.jpg
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-12 12:48
カユマニスウブドのご紹介
カユマニスウブドはサヤン村のバウンという地区の中に位置し
スタッフのほとんどがこのバウン地区出身です。

バリ人の持つ笑顔と優しさだけでなく、
同じ村で働く仲間としての強いチームワークで
お客様に満足のいただけるご滞在を提供させていただいております。

お客様をお迎えするロビーを抜けると、
数種類の花や草木が周りを取り囲み
23棟のヴィラの他、アユン川支流に架かる橋の先には
5棟のスパパビリオンと広いメインプール、
軽食を味わえるディライトコーナーがあります。

ガーデナーが一生懸命手入れをしている小さいハーブ園や
ヨガやプライベートディナーにも使われる
アユン川を見下ろせる景色の良いデッキなど、
鳥のさえずりと共に、様々な場所で自然と触れ合えるでしょう。

ダイニングコーナーではウェスタン、
インドネシア料理の他にタイ料理をメインとしており
多くのお客様にご好評をいただいております。

ウブド地区にご滞在のお客様は、
レストランやスパのご利用だけでも送迎をしておりますので
お気軽にカユマニスウブドに足をお運びくださいませ。

心のこもった温かいおもてなしをさせていただきます。

<注>カユマニスウブドでは、
16歳以下のお子様はご遠慮いただいております。

d0240805_1663898.jpg
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-09 16:07
ガルンガン当日レポート
ガルンガンの過ごし方は各家庭や地方によっても様々です。
本日はあるカユマニススタッフのガルンガンの過ごし方を
レポートしたいと思います。

早朝より女性達は家中にお供え物を供え、
その後は家でお参りをします。
朝ご飯を食べた後は本家のお寺に出発です。
小さなお店も多くが閉っているので、道路はとてもすいていました。
本家のお寺でまたバリヒンズー教徒僧侶のお経に合わせて
家族皆でお参りをします。
お寺には家族親戚が多数集まっているので、
お参りの後も賑やかに話が弾んでいました。
お供えとして用意されていたフルーツを
お参り後に食べることも子供達の楽しみの1つです。
伝統衣装にも毎年流行があり、女の子達はクバヤを披露し合います。
本年はサロン(巻きスカート)を短めに身に着けるのが流行だとか。
家に戻ったらまた親しい家族皆で食事をして、
楽しいおしゃべりの始まりが始まります。

こうしてバリヒンズー最大の祝日が終わりました。
慌しく過ごすのかと思いきや、
皆はガルンガン前に必要な準備を済ませているので、
ガルンガン当日は皆ゆっくりペース。
ガルンガンが神に祈りを捧げ、
家族がコミュニケーションを取る大切な日であることを
改めて実感しました。

線香の香り、華やかな飾りつけ、遠くにまで響く僧侶の祈り。
機会があれば皆様もこの貴重な日にどうぞバリへお越し下さい。
バリが神々の島と呼ばれる由縁を肌で感じて頂けるかと思います。
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-08 17:23 | 一般
ガルンガンが始まります
明日7月6日はバリヒンズー最大の祝日ガルンガンです。
ガルンガンはバリ伝統の暦、
ウク暦に基づき210日ごとに行われるお祭りで 
神様が世界を創造し、善が悪を滅ぼしたことをお祝いする日です。
日本の「お盆」に似たような意味合いもあり、
ご祖先様の霊が地上に帰ってくるのを盛大に迎えるために
バリ人たちは伝統衣装を新調し、
お土産を沢山買ってそれぞれの田舎へと帰省します。

ガルンガンの数日前から、
男性は竹とココナッツの葉でペンジョールと呼ばれる「のぼり」を作り
家の前や店の軒先に立て、その美しさや大きさ、斬新なデザインを競い、
女性は参拝に使う大量のお供え物作りに大忙しです。
当日は朝から親戚一同が集まり、本家近くの寺院でお祈りをした後、
ガルンガンのために用意した豚肉や
ラワールという野菜の和え物などお祝い用の特別な料理を楽しみます。

7月6日のガルンガンと送り盆にあたる7月16日のクニンガンの日は
小規模なお店はお休みになる事が多いので、
お買い物やお食事の際にはお気をつけ下さい。
その代わりに、美しい色彩の伝統衣装に身を包んだバリ人の姿と
道路脇に並んだペンジョールの風景で
この時期ならではのお祭り気分をお楽しみいただけると思います。
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-05 16:23
ザガンサのコンセプト
本日はカユマニスの姉妹ヴィラ、ザガンサについてご紹介します。
ザガンサはサヌールの小さな村落の中にひっそりと建っています。

「人と人」「人と神」「人と自然」「人と宇宙」
昔からバリ人は和を大切にして、宗教儀式や伝統を受け継いできました。
ここ神々の島、バリでは様々なものが互いに美しいハーモニーを奏でて
世界が成り立っていると信じられています。
ザガンサにご宿泊頂くと、このバリ人が大切に守る習慣を
実際に体感頂く事ができます。

「ガンサ」とは伝統音楽ガムランで主旋律を奏でる楽器の名前です。
ザガンサを訪れる皆様に、バリ島、そしてバリ人が奏でるハーモニーを
お楽しみ頂きたいという願いを込めて名付けられました。

カユマニス同様、フレンドリーなバトラーがお一人お一人に合わせた
プライベートサービスをご提供します。
1ベッドルームヴィラの広さは400平方メートル。
カユマニス同様それぞれのヴィラにプライベートプールも備えます。
お子様とのご旅行にもお勧めです。

d0240805_16245631.jpg
[PR]
by Kayumanis_Gangsa | 2011-07-04 11:30 | ザガンサプライベートヴィラ